IBDと低亜鉛血症

関連資材

IBDと低亜鉛血症

Document
炎症性腸疾患における血清亜鉛濃度

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease: IBD)患者の臨床転帰を血清亜鉛濃度正常域群(≧ 0.66 μg/mL)と低値群(<0.66 μg/mL)に分けてプロスペクティブに検討したシカゴ大学消化器病センターの報告における評価対象例のうち41.4%(412/996 例)[クローン病患者42.2%(326/773 例)、潰瘍性大腸炎患者38.6%(86/223 例)]が血清亜鉛濃度低値群でした。

TOPへ

TOPへ

低亜鉛血症の医療関係者向け情報サイト「低亜鉛.jp」にアクセスいただきありがとうございます。

注意事項

このサイトは、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)を対象に情報を提供しています。一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

会員向けコンテンツを
ご利用されない方

  • あなたは医療関係者ですか?
  • 医療関係者以外の方は、患者様向けサイト
    「亜鉛で元気」へお進みください

会員向けコンテンツを
ご利用される方

国内医療機関にお勤めの医療関係者の方は、会員向けコンテンツをご利用いただけます。
会員向けコンテンツのご利用には、medパスIDが必要です。
medパスIDをお持ちでない方は「新規会員登録」より会員登録をお願いいたします。

旧「NobelPark」会員の方も、新たに新規会員登録が必要です。